血管外科医 笹嶋唯博 MD,PhD. Tadahiro Sasajima MD,PhD.

四肢血管外傷

四肢血管外傷

急性動脈閉塞症の中で最も重篤な病態を発生します。
四肢、特に下肢動脈損傷では通常、6時間以内に血行再建を行わなければ下肢の救済は不能となり、切断が必至となります。四肢の血管外傷では血管(動脈と静脈)以外に伴走する神経が損傷され、さらには骨折も伴います。受傷の原因では刃物による傷害(刺創、切創)(図1,2)、鈍器や重いものの強打、挫滅による挫傷(図3,4)(作業事故、交通事故)、日本では稀ですが銃創などがあり、最も多いのは交通事故です(図5)。
動脈の切創、刺創では、大出血の後、急性動脈閉塞症として損傷部分から先に壊死が始まるため止血後に救急車で病院に搬送されますが、救済には緊急血行再建が必要で、受傷後6時間がタイムリミットです。
骨折がある場合は整形外科により骨折の修復をして、その後に血行再建を行いますので、時間の余裕はなく、救済には血行再建の方法や手技に多くの経験と多彩な技量が求められることから優れた血管外科医による治療が不可欠です。神経傷害は切創ならばその部位により神経縫合を行いますが、血行再建が先になります。静脈損傷の場合は大きな障害を残さず、緊急性が低く治療は容易です。損傷部位と受傷原因により重症度は異なりますが、中枢ほど重傷で、挫傷が最も重篤です。

診察をご希望の方・お問い合わせはこちら